カードローンについて

お金の借り方▽豆知識▽

カードローンのキャッシングに保証人は必要なし

保証人とは「もしも債務者が債務を履行することができなくなった時に、債務者の代わりに履行責任を負う人」のことです。
つまり、債務者の借金の肩代わりをしなければならなくなるわけです。
もちろん、債務者に支払い能力があるうちは返済義務は発生しません。
履行責任が発生するのは債務者の支払い能力がなくなった時です。
債務者に支払い能力があるうちに債務の代行を要求された時には「催告の抗弁権」を実行することができます。
これは、債権者に対して「債務者にはまだ返済能力があるから、まずは債務者に対して十分な履行責任を求めるべきである」と要求する権利のことです。
もう一つ、「検索の抗弁権」も認められています。
これは債権者に対して「債務者はまだ返済を実行するだけの資産があるので強制執行をして財産を見つけ出して欲しい」と要求する権利です。
この2つの権利を実行することで、できるだけ代理返済の金額を少なくすることができます。
しかし、連帯保証人には「催告の抗弁権」も「検索の抗弁権」も認められていません。
つまり、債権者の側からすれば、債務者とまったく同じ立場として扱われることになります。
ですから、債務者が返済を滞納したりすると、すぐにこちらにも請求が来ることになります。
このように非常に大きな責任を負う必要が有るため、保証人を探すのに一苦労する人も多いですが、消費者金融を利用する際には必要がないので安心です。
もちろん、担保も必要ないので、手軽に利用できるのが消費者金融のメリットなのです。


銀行からお金を借りる借り方

消費者金融お金を借りる借り方

このページの先頭へ