金融情報豆知識2

金融情報豆知識2

住宅ローン控除を上手く利用しよう

家を買うと快適な暮らしがおくれるようなるし、通勤通学に変化が現われて楽しい事が沢山増えます。
ただ、現金で家を買う人はあまりいませんから、かならずかなりの金額の借金を背負いこむようになります。
これが標準の形であり、それを糧に今まで以上に人は働くようになるものです。
住宅ローン等を利用してマイホームの取得等をした人は概してそれまでより、より一生懸命に働くようになるものです。
毎月お金を返していかねばなりませんから、ある意味当たり前のことですが、やりくりはしんどくになるものです。
そのような状況をかんがみて、住宅ローン等利用者の負担を楽にしようという目的で、設置されているのが住宅ローン控除であります。
所得税を軽減するために、収入で決められる課税額から一定の金額を一定の期間引いて、課税するようになっています。
阪神大震災、東日本大震災があり、その都度詳細の内容(期間、率)は、より細かく変わってきています。
ざっくりというと住宅借入金等特別控除の控除額は、住宅ローン等の年末残高に、居住の用に供した年分の計算方法により算出することになっています。
期間は10年、もしくは15年です。
掛け率は、1%から始まって5年刻みで下がってきます。
そしてこの税制の特典を受けるためには、条件があります。
当たり前のことばかりなのですが、自分が住んでいる家であること、年収が3000万円以下であること、そして住宅の床面積が50平方メートル以上あることなどです。
つまり投資用の不動産の場合とか、それなりの金持ちの場合とかは対象外と言うことになります

金融情報豆知識2エントリー一覧

お金を節約したいと思っても、何から始めたらいいのかという疑問を持つ人が多いようです。確かに、難しいことをしようとすればキ...

≫続きを読む

お金は気にせずに使っていては貯まりません。貯めたいと思ったら、まずは収支を明らかにしましょう。そして収入を増やすか、支出...

≫続きを読む

クレジットカードを何枚も保有している人は多いですが、実際にそのサービスの意味していることをきちんと理解している人は少ない...

≫続きを読む

今の時代はどのお店や飲食店にいっても、「ポイントカードをお作りしますか?」と聞かれます。お財布の中がカードでいっぱいとい...

≫続きを読む

貸金業法及び出資法という法律により、消費者金融でも信販会社でも銀行でも、貸金業者は、財務局長か都道府県知事の登録許認可が...

≫続きを読む

法人として銀行からお金の借り入れを行っているのはよく聞くことです。しかし、万が一返済が難しい状態になってしまった場合は、...

≫続きを読む

国内で預金を受け入れたり、融資を行ったりする金融機関はいくつもありますが、その一つが信用金庫です。信金とも呼ばれる事があ...

≫続きを読む

債務不履行とは、簡単に言えば、正当な理由がないのに契約を履行しないことを指します。例えば、通販などで服を購入したとします...

≫続きを読む

お金を借りる場合、何も問題が起きなければ良いのですが、時には返済が滞ってしまう事もあります。また複数の所から借入をしてし...

≫続きを読む

ローンには様々な種類があり、お金 借り方をはじめ借り入れ後の資金使途なども多彩です。そのうえ、返済方法も様々あり、どのよ...

≫続きを読む

金利の種類は2種類あります。それは「名目金利」と「実質金利」です。実質金利は、名目金利から予期インフレ率を差し引いたもの...

≫続きを読む

何百万円、何千万円というまとまったお金を借りたいという時には有担保ローンなら融資をしてもらえる可能性があります。有担保ロ...

≫続きを読む

法定利率とは、法律で定まっている上限がある年利のことです。その法律には、民法や商法を始めとして、利息制限法、出資法等の様...

≫続きを読む

お金を借りたら当然、返済をしなくてはなりません。この時にお金を貸す側と借りる側は、どのくらいの金利で毎月どのくらいの金額...

≫続きを読む

起業をする時に、必要な資金がいろいろあります。運転資金も、そのひつよな資金の一つです。これは、事業を行っている企業なら、...

≫続きを読む

消費者金融やクレジットカード等でお金をキャッシングする場合には、各金融機関の契約によって借入極度額と契約限度額の二つの金...

≫続きを読む

司法書士とは、クライアントの依頼を受けて、不動産取引に関する取引きや登記、またはそれらの代理業務など法律の専門家として認...

≫続きを読む

トップへ戻る