金融情報豆知識2

住宅ローン控除を上手く利用しよう

家を買うと快適な暮らしがおくれるようなるし、通勤通学に変化が現われて楽しい事が沢山増えます。
ただ、現金で家を買う人はあまりいませんから、かならずかなりの金額の借金を背負いこむようになります。
これが標準の形であり、それを糧に今まで以上に人は働くようになるものです。
住宅ローン等を利用してマイホームの取得等をした人は概してそれまでより、より一生懸命に働くようになるものです。
毎月お金を返していかねばなりませんから、ある意味当たり前のことですが、やりくりはしんどくになるものです。
そのような状況をかんがみて、住宅ローン等利用者の負担を楽にしようという目的で、設置されているのが住宅ローン控除であります。
所得税を軽減するために、収入で決められる課税額から一定の金額を一定の期間引いて、課税するようになっています。
阪神大震災、東日本大震災があり、その都度詳細の内容(期間、率)は、より細かく変わってきています。
ざっくりというと住宅借入金等特別控除の控除額は、住宅ローン等の年末残高に、居住の用に供した年分の計算方法により算出することになっています。
期間は10年、もしくは15年です。
掛け率は、1%から始まって5年刻みで下がってきます。
そしてこの税制の特典を受けるためには、条件があります。
当たり前のことばかりなのですが、自分が住んでいる家であること、年収が3000万円以下であること、そして住宅の床面積が50平方メートル以上あることなどです。
つまり投資用の不動産の場合とか、それなりの金持ちの場合とかは対象外と言うことになります。


銀行からお金を借りる借り方

消費者金融お金を借りる借り方

このページの先頭へ