イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローン

実質年率 3.8%〜13.8% 限度額 10万円〜800万円
(10万円単位)
保証人 不要 口座開設 不要

ネットによるイオン銀行申込・ご契約方法

パソコン、携帯電話、スマートフォンのインターネットによる契約申込み

※イオン銀行の口座をお持ちでない方


ネットバンクにログイン後、契約申込み

※イオン銀行の口座をお持ちの方


【2大条件】ランキング

低金利重視 スピード重視
低金利でお金を借りたい!安心感がほしい!という方は大手銀行をチョイス! すぐにお金を借りたい!という方は審査が柔軟で即日融資可能な銀行系をチョイス!!

会社一覧

同時にお申込みをする際は、最大3社までがベストです(ご融資の確実性を上げるため)
休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
三井住友銀行 4.0% 〜 14.5% 最高
800万円
★★★★☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆
イオン銀行イオンアシストプラン 3.8% 〜 13.5% 30〜700
万円
★☆☆☆☆
イオン銀行カードローン 3.8% 〜 13.8% 10万円〜800万円
(10万円単位)
★★☆☆☆
オリックス銀行カードローン 1.7% 〜 17.8% 最高
800万円
★★★☆☆
じぶん銀行 2.2% 〜 17.5% 800
万円
★★★☆☆
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆

お金の借り方▽豆知識▽

イオン銀行カードローンの特徴・お金の借り方はコチラ!

キャッシングの金利はどうやって決まるかというと、これには具体的な決まりがあるわけではありません。 利息制限法の15.0%〜20.0%を超えないように金利設定されるので、20.1%といった金利になる可能性はありません。 15.0%よりも金利を下げる義務はないため、300万円の高額融資に対して15.0%という金利を設定しても違法ではないのです。 しかし、キャッシングの金利は低いほど利用者にとっては嬉しく、業者側も自社のアピール力となりますから、可能なかぎり下げてくるのが現状です。 具体的な金利に関しては記載しておりませんが、18.0%を超えて貸出している業者は多くはありません。 金利は利用者が決めることはできない仕組みとなっており、業者側が借入額・返済能力などを総合的に考慮して設定していくものです。 ひとつ言えることは、年収が多くて、安定していると借入額が増えて、金利も低くなる傾向があります。 年収が同じだとしても、職業の安定性、持ち家の形態、他社からの借り入れなど、複数の要素を総合的に見ながら判断するので、みなが同じ金利になるわけではありません。 過去にキャッシングを利用していて、しっかりと最後まで返済した方はキャッシングの金利が低くなる傾向があります。 途中で返済できなくなった方、うっかり返済日を数日過ぎてしまった、という経験がある方は再度借りるときに金利が高めに設定されることが多いので注意しましょう。

トップへ戻る