三井住友銀行グループのモビット

三井住友銀行グループのモビット

実質年率3.0%~18.0% 限度額800万円
保証人不要 最短即日融資
※ 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

二重登録の注意

詳細・お申し込み

モビットお申し込み・ご契約方法

申し込み方法

  • パソコン、ケータイ、スマートフォンによるWeb契約申し込み
  • 店頭窓口による契約申し込み
  • 近くの銀行・コンビニでご利用可能!
  • 口座振替で返済可能、銀行振込で返済可能、提携ATMで返済可能

お金の借り方▽豆知識▽

アドオン方式について

カードローンや住宅ローンなどの、実質年率方式(元利均等返済方式と元金均等方式)は、どちらも支払い続けることで、その仕組みなどから、支払利息は徐々に減っていきます。 ですが、支払期間中であるにもかかわらず、支払利息がまったく減らない方式があります。 それがアドオン方式なのです。 アドオン方式とは、借入金を満期まで、まったく返済しなかったと仮定して、利子を計算します。 その元利合計額を均等に分割して、返済するという仕組みなのです。 自動車ローンにアドオン金利で提示されている場合がありますので、注意してください。 では、その計算方法について補足を付け加えますと、利息=借入元金×アドオン利率(%)この計算式を使って、電卓で簡単に毎月の返済額を計算できますから、非常に便利な計算式ともいえます。 このようにアドオン金利を用いると、手数料(利息)の額や毎月の返済額の計算が簡単でわかりやすいです。 また、アドオン方式の場合、返済回数にかかわらず、借入元金に対して利息を計算して、返済回数で分割しているので、まとまったお金ができて、繰り上げ返済をしようと思っても、利息が軽減となるわけではないので、繰り上げ返済する予定の方は、ローンの契約書をよく確認するようにしましょう。 返済額など、わかりやすさを重視するか、返済額が安くなることを重視するかで、その返済方式もかわってきます。 なお現在では、アドオン率のみの金利表示は禁止されており、実質年利を表示されることが法的に義務付けされているので、契約書などに実質年利(実質年率)の表示がない場合は、訂正するなどの処置が必要となります。


銀行からお金を借りる借り方

消費者金融お金を借りる借り方

このページの先頭へ