SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のプロミス

SMBCコンシューマーファイナンス鰍フプロミス

土日・祝日に、その日に借りたい場合

ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機で最短即日融資も可能!
自動契約機は22時まで利用可能!(一部21時まで)
自動契約機でのカード受け取りなら基本的に自宅に郵送物は届きません。

実質年率 4.5%〜17.8% 限度額 1〜500
万円
保証人 不要 最短即日融資
も可能

※最短1時間融資


※最短即日融資:お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。


【2大条件】ランキング

低金利重視 スピード重視
低金利でお金を借りたい!安心感がほしい!という方は大手銀行をチョイス! すぐにお金を借りたい!という方は審査が柔軟で即日融資可能な銀行系をチョイス!!

会社一覧

同時にお申込みをする際は、最大3社までがベストです(ご融資の確実性を上げるため)
休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
三井住友銀行 4.0% 〜 14.5% 最高
800万円
★★★★☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆
イオン銀行イオンアシストプラン 3.8% 〜 13.5% 30〜700
万円
★☆☆☆☆
イオン銀行カードローン 3.8% 〜 13.8% 10万円〜800万円
(10万円単位)
★★☆☆☆
オリックス銀行カードローン 1.7% 〜 17.8% 最高
800万円
★★★☆☆
じぶん銀行 2.2% 〜 17.5% 800
万円
★★★☆☆
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆

お金の借り方▽豆知識▽

延滞損害金を発生させないのが上手な返済のポイント

ローンを利用する以上は、必ず利息が発生するものであり、これは仕方のないことです。 少しでもお得にローンを利用するためには、金利の低いローンを選んで利用することになります。 契約する前には十分な金利比較をして、実質年率の低いところから借りようとするでしょう。 延滞損害金というのは、遅延することに対して発生する損害金のことであり、簡易的な損害賠償と考えるとわかりやすいでしょう。 返済日に遅れることで金融機関に迷惑がかかり、その迷惑料として請求されるのが延滞損害金なのです。 利率は20.0%が一般的であり、キャッシングの金利15.0%〜20.0%とあまり変わりないので、発生しても返済にはあまり影響しないと思われるかもしれませんが、実際には大いに影響します。 例えば、現在20.0%で融資を受けていた場合、延滞損害金の20.0%を加算するため、実質的に40.0%の利息になってしまうのです。 遅延するほど債務者が苦しくなるだけなので、絶対に遅延をしてはいけません。 借りてすぐに遅延する人は少なく、ほとんどの方は追加融資を受けて、ふと気がついたらパンク状態に陥っていたという感覚です。 キャッシングの借入額が増えれば、それに応じて月の返済額も増額されますので、家計が厳しくなるのは実感できるはずです。 追加でお金を借りようと考えている方は、いちどシミュレーションをして収支の計算をしてみるといいでしょう。 返済を圧迫するようならば、追加融資を受けないほうがいいのです。

トップへ戻る